過去のアートメイク眉の修正、アイライン下施術例

過去のアートメイクを修正希望の方が日々ご来院いただいています。


色が赤くなってしまった

位置を下げたい

太さを足したい

きつく見えないようにしてほしい

左右差を目立たなくしてほしい

似合う形にしてほしい

というご要望です。

過去のアートメイク眉を3日前に修正し、下のアイラインを足しました。

アイラインは写真ではわかりにくいですが、目尻にかけてシャドウラインにしています。

通常まつげエクステをつけていらっしゃる場合、

上瞼ばかりが主張してしまいます。

上まつげのみがボリュームアップするからなのです。

下まつげにまつげエクステをつけても、

下まつげの場合はまつげエクステが目立ちやすいのが難点。


そこで下瞼にはナチュラルなアイラインやシャドウラインがおすすめです。

数年で薄くなりやすいため、年齢を重ねまつげエクステやマスカラもなさらなくなった時には、ほとんど目立たなくなってしまうぷち整形のような施術です。

数年おきにリタッチなさっていけば維持はできます。


下瞼のアイラインはほんのわずかでも、まつげが濃くなったように見える技術です。

少しずつ丁寧に施術しています。

全体のバランスをチェックしながら施術をするので

下瞼のアイライン施術が際立って濃くなることはありません。


それもNU-MAKEだからこその施術なのです。



アヴェニュークリニックの最新アートメイク(NU-MAKE)

従来のアートメイクの欠点を克服したNU-MAKE(ニューメイク)の施術例をご紹介いたします。アヴェニュー六本木クリニック・アヴェニュー表参道クリニックにて皆様がなりたい自分に変身されるお手伝いをいたします。